スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1. 基礎知識

2009年06月21日 00:21

最初にゲームをプレイする上で必要な基礎知識について解説します。
クイックアクセス
勝利条件画面の見方カードの見方
基本操作とアイコンの意味カードデッキ使役(exert)・使役済み(exerted)と待機状態(ready)


勝利条件


SWG TCGではシナリオで指定されていない限り、ゲームに勝つための条件として、
  • 対戦相手のアバターを倒す
  • シナリオを4つクリアする
のどちらかを達成することが設定されています。
ちなみに敗北条件として、
  • デッキのカードが無くなる
というのも設定されています。これは、カードをドローすべきときにカードがない、つまりドローできなくなったら敗北というものです。


▲ページトップへ



画面の見方



メインロビー


メインロビー
SWG TCGのメインロビーでは、ゲームプレイに関する右のグループ、カード管理と設定を行う下のグループ、そして左端からスライドしてくるメニューで構成されています。

1. Tutorials / Scenarios
チュートリアル、シナリオとスカーミッシュをプレイします。すべてAIとの対戦です。

2. Casual Games
ほかのプレイヤーとの対戦です。

3. Trade
ほかのプレイヤーとカードをトレードします。

4. Tournaments
トーナメントに参加します。トーナメントの詳細は公式サイトで発表されています。
SWG TCG公式サイト トーナメントページ

5. Preferences
アカウント情報やUIなどに関する設定画面です。

6. Collection
所有しているすべてのカードを閲覧できます。未開封のパックがあれば「Packs」が自動的に選択され、未開封パックの存在を知らせてくれます。カードが増えてくると閲覧に便利なのが[Filter]です。
カーソルを画面左端に持っていくと「9. メニュー」が開き、メインロビーなどほかの項目へ移動できます。

7. Deck Builder
デッキを構築するデッキビルダー(Deck Builder)です。手軽にデッキを構築したいときは、右下の[Deck Builder Helper]をクリックすると、その下の選択肢に適合したデッキを構築できます。
Deck Builder Helperでデッキを構築する場合、手持ちのカードが少ないと、手詰まりになってデッキが構築できなくなります。個人的にはあまりお勧めしない機能です。

8. Exit
SWG TCGを終了します。

9. メニュー
SWG TCGのギルドやフレンド・無視リストなど、ここからしかアクセスできない項目もあります。
スライドメニュー

このメニューはSWG TCG起動中、カーソルを画面の左端まで移動させることでいつでも表示させることができます。コレクションやデッキビルダーのように、全画面作業からほかの機能にクイックアクセスするのにも便利です。



▲ページトップへ



ゲーム画面


プレイマット情報
SWG TCGのゲーム画面です。詳しい解説はそれぞれの項目を参照してください。
ちなみに、カードを配置(play)する場所をSWG TCGではプレイマット(playmat)と呼んでいます。

1. あなたのアバター
2. 対戦相手のアバター
アバターの詳細はアバターカードを参照してください。
プレイマット上のアバター

A. ポートレート
※対戦相手のポートレートの右横にある[INFO]ボタンをクリックすると勝利条件を確認できます。
B. 攻撃力
C. 防御力
D. ダメージボーナス
E. ヘルス
F. パワー


3. 手札
現在の手札です。もしメインフェーズ終了時に手札が8枚以上ある場合、手札が7枚以下になるまで任意のカードを捨てなくてはなりません。
カーソルを合わせるとポップアップします。
手札に限らず、すべてのカードは右クリックすると拡大表示され、拡大されたものをクリックすると表示が消えます。
現在使用できるカードは緑の枠が点滅して知らせてくれます。ただし、これは使用できる状態であることを知らせているだけで、使用することが最適な判断であるという意味ではありません。
カードを配置するには、そのカードをドラッグしプレイマット上の目的の場所でドロップします。正しいドロップ場所は緑にハイライトされます。カードはダブルクリックでも使用できます(正しい場所に自動的に配置してくれたりします)。カードの上にカーソルを置くとカーソルの形が変化します。ダブルクリックしたときの動作はこのアイコンでわかります。
攻撃力カーソル使役して攻撃力に追加

防御力カーソル使役して防御力に追加

ダメージボーナスカーソル使役してダメージボーナスに追加

カード選択ツール黄色い枠で囲まれたカードのいずれかを選択(1つしか選択肢がないときもあります)

4. カードの使用状況
アバターとクエストを除いたデッキは50枚と決まっていますから、ここの3つの数字と場にでているカードの合計は50+達成クエスト数になります。
カード状況

A. 手札の枚数
B. デッキの残り枚数
C. 捨て山に格納されたカード枚数
クリックすると捨て札になったカードを見ることができます。


捨て山

カーソルを合わせると、カードがスライドして詳細がわかります(右クリックで拡大表示はされません)。


5. アイテム配置エリア
アイテムカードはここに配置されます。アイテムは基本的にアバター戦闘のみに使用されます。

6. アビリティ配置エリア
アビリティカードはここに配置されます。アビリティはクエストかアバター戦闘に使用されます。アビリティはそれぞれ3枚までしか配置できません。

7. クエスト
クエストカードはゲーム開始時にデッキから抜かれ、レベルの低いものから自動的に配置されます。
プレイマット上のクエスト

A. クエスト名(バーの色は属性を表します)
B. クエストレベル
C. 集めたクエストトークンの数
D. 対戦相手が集めたクエストトークンの数
E. 襲撃(Raid)ボタン
F. クエストに配置したユニット
G. クエストに配置した対戦相手のユニット


8. ユニット配置エリア
ユニット配置情報

A. 左クエスト ユニット配置エリア
B. 左クエスト 対戦相手ユニット配置エリア
C. 右クエスト ユニット配置エリア
D. 右クエスト 対戦相手ユニット配置エリア

ユニットカードはここに配置されます。クエストは別の場所で起きている独立したできごとなので、基本的に隣のクエストエリアに配置されたユニットに干渉することはできません。

9. クエストメーター
クエストを達成した数だけジェムが点灯します。下半分があなたの、上半分が対戦相手のクエストのジェムです。
画面ではあなたが3つ達成、対戦相手は2つ達成の状態を表しています。

10. フェーズメーター
現在のターンとフェーズを表しています。フェーズのアイコンにカーソルを合わせると解説がポップアップします。

11. クエストパイル
クリックすると、あなたのデッキに組み込まれていたクエストのうち、まだプレイマットにでていない待機状態のクエストが表示されます。クエストにカーソルを合わせると、カードがスライドして詳細がわかります。

12. ゲームメニュー
ゲームのオプションメニューが表示されます。

13. プロンプト
プレイヤーに選択を求めたり、進行を促す状況になるとメッセージが表示されます。ボックス内の右に選択肢が現れるときと、プレイマット上のカードが選択対象になるときがあります。カードが選択対象になった場合、そのカードの枠が黄色く点滅します。
いずれの場合も、指示に従って処理してください。

14. ログとチャット
ゲームプレイのログが表示されます。自動処理でなにが起きたのか不明なときなどにチェックすると便利です。下線付きの単語をクリックすると、そのカードが拡大表示されます。
入力バーにタイプすれば対戦相手とチャットできます。



▲ページトップへ



カードの見方


カード情報
SWG TCGには、アバター(Avatar)クエスト(Quest)ユニット(Unit)アビリティ(Ability)アイテム(Item)戦術(Tactic)の6種類のカードがあります。
各カードの詳細はそれぞれの解説を参照してください。
カードに含まれる情報は以下のものです。

1. 名称
カード固有の名称です。

2. 種類
アバター、クエスト、ユニット、アビリティ、アイテム、戦術のいずれかになります。

3. 特性(Traits)
ユニットの一部とアバター、そしてアイテムカードにある項目です。

4. 消費パワー
カードをプレイマットに配置(play)する(戦術は使用する)ときにアバターが消費するパワーの量を表します。戦術にはパワーを消費しないものもあります。

5. 攻撃力
戦闘で攻撃に加わった場合、攻撃力として使用します。何らかの理由でベースの値から修正を受けると、数値が緑に変化してプレイヤーに知らせます。

6. 防御力
戦闘で防御に加わった場合、防御力として使用します。何らかの理由でベースの値から修正を受けると、数値が緑に変化してプレイヤーに知らせます。

7. ダメージボーナス
戦闘に勝利または引き分けた場合、追加ダメージになります。何らかの理由でベースの値から修正を受けると、数値が緑に変化してプレイヤーに知らせます。

8. ヘルス
ヘルスがなくなるとそのカードは除去されます。アバターのヘルスがなくなるとゲームに敗北します。何らかの理由でベースの値から修正を受けると、数値が緑に変化してプレイヤーに知らせます。

9. クエストレベル
クエストとアビリティにのみ存在する値です。クエストにあるものはクエストのレベルを、アビリティにあるものは、クエストに適用することによって得られるクエストトークンの数を表します。
クエストをクリアするには、クエストレベルと同数以上のクエストトークンが必要です。

10. テキストボックス
カードの効果が記載されています。イタリックで書かれている部分はスター・ウォーズの世界におけるカードのストーリーで、ゲームプレイ自体には直接関係ありません。
SWG TCGで勝利するには、このテキストに書かれている内容を理解し、的確なカード配置をするのが大切です。
A. キーワード
特殊な能力にはこのようなキーワードが設定されており、文字をクリックすると解説を読むことができます。
B. ロアボタン
テキストボックスに入りきらない情報があるカードにのみ存在します。クリックすると追加情報が表示されます。

11. 属性
どの勢力に属するのかをカードの色で表します。
属性(ジェダイ・同盟軍・帝国軍・シス・標準)

A. ジェダイ
B. 同盟軍
C. 帝国軍
D. シス
E. 標準(Generic)

標準タイプはどの勢力にも属さない、いわゆる共通カードです。デッキにはアバターと同じ属性のカードか標準タイプのカードしか組み込めません。



▲ページトップへ



基本操作とアイコンの意味



ターゲット


配置・使用可能カード表示現在使用できるカードは緑の枠が点滅します

選択対象カード選択対象となるカードは黄色の枠が点滅します

カード配置先ドラッグ&ドロップで配置先となるエリアは緑でハイライトします

カード配置先として選択中ドラッグ&ドロップの配置先で、かつ配置先として選択中のエリアは明るい緑でハイライトします


カーソル


攻撃力カーソル攻撃力として使役(exert)できます

防御力カーソル防御力として使役(exert)できます

ダメージボーナスカーソルダメージボーナスとして使役(exert)できます

活動アクションカーソル活動アクションを行えます

カード選択カーソル対象となるカード(黄色の枠が点滅)を選択しなくてはいけません


操作


  • ダブルクリック
    カーソル機能を実行します。アビリティ、アイテム、戦術カードを配置・使用します。
  • 右クリック
    カードを拡大表示します。拡大中に左クリックで拡大表示を閉じます。
  • ドラッグ&ドロップ
    カードを配置します。アビリティ、アイテムはダブルクリックでも同様の操作が行われます。ユニットは左右どちらのクエストに配置するか選択してドロップします。
  • 左ホールド
    ラジアルメニューが現れ、現在有効な操作のアイコンがハイライトします。通常はこの操作をする状況にはなりませんが、発動タイミングが攻撃や防御時になる活動アクションを持つカードの場合、この操作で使役か活動アクションかを選択しないと、任意の機能を発揮できません。
    ラジアルメニュー

    攻撃時に発動する活動アクションを持つアイテムが、戦闘員になった状態でラジアルメニューを開いたところ。攻撃力として使役するか、活動アクションを発動させるかを選択します。
    このように、複数の使い方のあるカードは用途に応じてラジアルメニューから選択しないと、つねに使役にしか利用できず、カード本来の効果を十分発揮できません。




▲ページトップへ



カードデッキ


デッキはユニット・アビリティ・アイテム・戦術を任意の枚数で組み合わせて50枚にしたものに、1枚のアバター、4枚のクエストを加えた55枚のカードで構成されていなくてはいけません。
デッキはアバターの属性に従い、アバターと同一の属性と標準タイプのカードのみで構成されていなくてはいけません。つまり、ジェダイのアバターと同盟軍のユニットが混在するデッキというのは存在しません。


▲ページトップへ



使役・使役済みと待機状態


SWG TCGでは「exert」という言葉が使われています。
通常SWG TCGはプレイマット上にカードを配置(play)しただけでは、カードはまったく効力を発揮しません。プレイマット上に配置されているカードを意図的に機能させることによって戦闘力を発揮できるのです。
このようにカードを機能させ戦力とすることを「exert」と呼んでいますが、本ブログではこれを「使役する」と訳しました。「機能させる」とすると一般的な言葉なため、説明で重複して混乱する可能性があるからです。
使役されたカードは使役済み(exertde)と表現され、どのような用途で使役されたのかがわかるように、使役用途のアイコンが重ねられています。
攻撃力として使役済み攻撃力として使役済み

防御力として使役済み防御力として使役済み

ダメージボーナスとして使役済みダメージボーナスとして使役済み

活動アクションにより使役済みカードの効果によって使役済みになった

条件対象として使役済みカードの効果によって使役済みにさせられた
このカードは何らかの理由により強制的に使役済みにされたもので、使役済みになったとき、カードの効果を発揮できなかったことを表しています。
たとえば、配置したときに強制的に使役済みになるユニットは、クエストに配置した瞬間にこの「×」印がつき、使役済みになります。

これらの状態にないカード、つまり使役済みでないカードは待機状態と呼びます。使役済みから待機状態に戻るのは、自ターンのレディフェーズのみです。


▲ページトップへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maikailoa.blog46.fc2.com/tb.php/17-45b7f406
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。